Menu

 

□ビジネスコミック企画・制作

 
  1.わかりやすい・読まれる・理解されるビジネスコミックの企画・制作


テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネットなど、常に情報があふれている現在社会において、受け手側の情報入手・処理能力が既に限界を迎えています。

じっくり文章を読む時間がとりにくい中で、商品・サービスの特徴の説明や採用案内・教育研修など、わかりやすく伝えるためには、ビジネスコミックは最適なメディアです。
ご要望のヒアリング・ストーリー制作など、しっかり取材して制作致しますので、営業・広報・IR・教育・研修・採用など、幅広い用途にご活用ください。




ITソリューションが考えるビジネスコミックの企画・制作は、
「分かりやすい・記憶に残る・捨てられない」
ビジネスコミックをご提案致します。



■ビジネスコミックのメリット

・商品・サービスなどの要点を凝縮しているため、わかりやすく効率よくアピールすることが可能です。

・商品は良いものの、説明商品のために内容が複雑で、顧客に特徴を説明しにくいアイテムが伝えやすく、商品説明に非常に便利となります。

・ビジネスコミック形式で右脳を刺激し、見込顧客の記憶に残ります。

・通常資料は捨てられるか読まれないパンフレットなどと異なり、顧客が読回しや保管される確率が高くなります。 (捨てられない)

・展示会やイベントなど、来場者が受け取りやすくなります。
(パンフレットの2−3倍のスピード)




  2.ビジネスコミックのメリット・主な利用例




忙しい毎日。同じことを別の相手に何度も説明するのは労力が大変です。
「渡した資料に目を通してくれれば、説明に費やす時間が減らせる」

「商品に自信あるが、売上が今ひとつで困っている。」

「説明商品のため内容が複雑で、顧客にうまく伝えるのが難しい。」

といった場合に、貴社の売上アップが体感できます!

ビジネスコミックを資料に活用すれば、
「読まれる・理解される・記憶に残る」
の3拍子!

詳しい営業資料やパンフレットも重要ですが、まずは相手に読んでもらうことが大切です。 その点子供でも気楽に手に取りやすく、ストーリー仕立てにすることも可能なビジネスコミックは、 営業・広報・IR・社員教育・社員研修・学生の採用など、色々な分野で活躍します。

1)ビジネスコミックが必要とされる背景
企業・行政/公的機関などが広告・販売促進・広報活動などを行う場合、ビジネスコミックには以下にありますような大きな意味が存在しています。


■マンガでわかるビジネスコミックの主なメリット

1.多忙で活字媒体をゆっくり読む時間が無い
現代人は極めて忙しい上、常にインターネットや携帯電話などの情報に追われていますので、ゆっくりと活字媒体を読む時間がなくなってきました。

2.読者の理解が高まる
わかりやすいビジネスコミックは、短時間で読者からの理解が高まることが大きいです。

3.上司であり決定権者の50代や60代も、マンガ世代のため心理的な抵抗が少なく理解が深まる
活字世代にとっては「仕事用途でもコミックはふざけている!」といった評判がありましたが、世代が変わり現在の上司である40代や50代はマンガや コミックで育った世代です。
そのためもともとの心理的な抵抗感が少なく、営業上の効果や分かりやすさなどを優先して判断する傾向が強まってきました。

4.説明商品・サービスや公的サービスなど、理解が進みやすい
例えば今年から導入されました裁判員制度の説明資料を見ますと、国民の理解を深めて誤解を避けるためにも、コミック形式が大幅に増えるようになりました。
説明の時間や予算が限られている中で、費用対効果の高い販売促進・広報の方法として、ビジネスコミックは極めて有効です。

5.お堅い業種では逆にビジネスコミックが目立ち、効果が高い
採用や資金調達など、イメージでマイナス面を感じている場合には、逆にインパクトの強いビジネスコミックが有効となります。



2)主な利用例・・・

■営業ツール・説明資料としてのビジネスコミック
取引先への営業時に、説明用の資料や営業ツールとして、副読本にビジネスコミックを持参していきますと、 分かりやすさや社内における回し読みなどで、大きな効果を発揮します。

■グリーン席・タクシーなどで配布し、製品・サービスのPR
新幹線のグリーン席やタクシーの利用者は、社内外に影響力があり、自らの購買力もある30代〜50代のビジネスマンが主体です。
移動中の空いている時間帯に、ビジネスコミックに手を伸ばして読まれる・理解される機会が広まります。

■カジュアルな会社案内・採用情報が、学生の心をキャッチ!
携帯電話やインターネットが主体で、活字離れが顕著な若い世代に向いています。
文字や写真だけのパンフレットだけでは伝わらないメッセージ・ストーリー・想いなどが、ビジネスコミックによって伝わります。

■社内啓蒙にも効果的、WEBにアップして社内教育
ビジネスコミックは、難しいこと・ややこしいことを簡単かつわかりやすく伝えられるのが大きなメリットです。
技術教育・オペレーションマニュアルなど若手社員・中途社員・派遣社員などに伝える際に、大きな効果を発揮します。
またイントラネットなどにアップすることで、社内で自由に閲覧したり、e-ラーニングが可能となります。

■IR/CSRなど報告資料・補足資料としてご活用
文字や数字による詳細な資料は当然として欠かせませんが、人間の理解力には限界があるのも確かです。
そこでビジネスコミックによって内容の大枠を把握する方法が有効です。



- - -
-

■ITソリューションが考えるビジネスコミックとは
パンフレット・チラシ・インターネット・ブログ・メールマガジンなど、様々な情報伝達手段が存在しています。
情報化が進んでユーザー側の情報収集・処理能力がパンクしやすい世の中でもあり、何を選んだらよいか分かりにくい時代になってきました。

こうした時代において、企業が本当に伝えたいメッセージを、分かりやすく伝え興味を喚起するツールとして「ビジネスコミック」が 挙げられます。
ストーリー性や分かりやすさを優先し、コミックの持つ強い訴求力を活用すれば、非常に効果ある販促ツールとなります。

ビジネスコミックの特徴は、以下の点が挙げられます。

1)顧客の理解が早い
2-3分で読めて理解できるのが強みですので、伝えたいことを大づかみで伝達できます。

2)絵と活字の相乗効果
コミックの持つ瞬間認識と、活字の正確さによって相手に分かりやすく伝えられます。

3)ビジュアルイメージによる分かりやすさ
手に取るようにわかりやすいため、マニュアル・研修資料などわかりにくいものを的確に表現します。

4)ストーリー性
感動と共感への訴え。感情移入しやすく疑似体験させることができ、相手の心に印象付け行動を促します。

5)捨てられずに回し読みする
誰にでも分かる楽しさが、関心無い顧客にも興味が生じて潜在顧客が生じやすくなります。

またビジネスコミックは、以下の分野に効果を発揮します。

・商品/サービスの営業/販促ツール
・パンフレット
・人材採用
・生徒募集
・マニュアル
・啓蒙活動
・広報/PR活動
・IR資料
など

-
- - -
-


3)主な流れ
契約(制作準備金の入金)→ご要望のヒアリング→ストーリー立案→あらすじ制作→シナリオ作成→作画→納品



- - -
-

■よくあるご質問

Q:どんな漫画家が描くのですか?

A:お客様が希望されるビジネスコミックの内容や、ターゲットに応じてご相談やお打合せの上で決定します。内容の性格・ストーリーによって最適な漫画家さんを推薦したり、当社契約のデザイナー・また内容・性格によりましては、有限会社ITソリューション代表取締役石川 莞二が直接ご担当させていただくことがございます。

Q:制作期間はどのくらいかかりますか?

A:チラシ/パンフレット形式や、小冊子などによって異なりますが、おおむね1ヶ月から2ヶ月前後をいただいております。
取材や内容確認によって前後致しますので、ご相談ください。

Q:依頼したコミックは、冊子やパンフレット以外に使えますか?

A:依頼を受けたコミックはご契約内容における利用が原則ですが、ホームページやチラシなどの二次利用も、ご相談に応じて承ります。

Q:費用はどのくらいですか?

A:ビジネスコミックの枚数・媒体などによって異なりますが、ミニマムの構成の場合に1ページあたり6万円から承ります。
漫画家さんの制作の場合、複数媒体使用の場合もありますので、お気軽にお見積をお申し付けください。

Q:漫画家の募集をしていますか?

A:はい。制作していただく漫画家さんも募集中ですので、プロの方・同人の方を問わずお気軽にお問合せ下さい。



-
- - -
-




 

 



 

当サイトのご利用について | 個人情報の取扱いと管理について | お問合せ