Menu

 

□街おこし・町村おこし企画

 
 1.主な制作実績

全国さまざまなところで、街おこし・町おこし・村おこしが活発に行われています。そうした活動の中で、いかに事業性を高めて真の地域活性化を実現するか、最大限の努力をしてご協力致します。

ITソリューションにおける、街おこし・町村おこしのポイントとして、

1)地域活性化に欠かせない「よそ者・若者・馬鹿者」が揃ってうまくいく、といわれますが、良い意味でのよそ者によって街おこしを進めていきます。
2)地域のモノ(者・物)だけでなく、イベントなどのコトや風景などを加えた地域アピールを、競争力向上の1つとして支援します。
3)街おこし・町村おこしセミナー・研修・講演などの講師・ファシリテータを承ります。
4)地域を愛し、地域をより良くしたいと願う熱意を、外側からサポートして具体化していきます。


 2.シャッター通りの背景と街おこしの成否に関して


都市・地方を問わず、駅前通りのシャッター通り化が進んでいます。行政の支援や商店街の活動が必要ですが、地権者や商店主の地道な取組みによってにぎわいを取り戻している場合があります。

シャッター通り化の背景として、
1)車の普及
2)郊外の大規模店の影響
3)中心地の役所・病院・企業など郊外移転

などさまざまですが経営的な色合いから見てみます。

街おこし町村おこし、商店街の活性化には、

(1)行政の支援
(2)商店街の活動
(3)地権者の取組み
(4)商店主の経営努力

の4点がポイントになります。商店街でも人通りやにぎわいが活発かそうでないかは、立地条件や地域性でさまざまですが、地権者や商店主が取組みとして確認するポイントとしましては、以下の点が挙げられます。

・自分が生きているうちは、税金を払っても、閉じている店を放っていても良い。
・子達に、いつかは店を継いでもらいたい。
・営業していない店を持っているが、他人に貸すつもりはない。
・建物の修繕に費用がかかるため、更地にしたい。
・賃貸料は地価や周りの実勢がどうでも、こちらで決めてしまう。
・若者や他地域の者のを受入れに抵抗がある。
・観光客やこの地域でない顧客も、あまり受け入れたくない。
・大きな企業や工場が誘致されれば、何とかなると思っている。
・新幹線や空港などの交通インフラができると良い。

こうしたポイントが多い場合、行政の支援や大企業の誘致に成功しても、街のにぎわいを取り戻すにはハードルが高いと言わざるを得ません。
ポイントは、

1)大企業が誘致されても、地元の消費が増えるとは限らない
大企業が誘致された場合税収ではプラスですが、業務が忙しく地元の消費が増えないことも少なくありません。
また採算が厳しくなると、固定費が高い大企業ほど撤退が早い傾向が多いようです。

2)新幹線や高速道路などインフラが良くなると、他の消費地と競合する
新幹線や高速道路の普及は、ヒトの流れが活発になりますが、逆に地域の住民が新幹線や高速バスに乗って、遠くまで買い物に行ってしまうことがあります。
例えば若者がファッション用品を買いに、高速バスで九州の場合には博多まで・北陸の場合には金沢まで1日がかりで往復することなど、留意する必要が出てきます。


逆に特徴ある観光資源がない・大きな産業がない・人口も多いわけでない…などのハンデを抱えていても、商店街に活気やにぎわいがある場合も見られます。
にぎわいがあるポイントとして、以下の点が挙げられます。



1)閉じておくなら貸してしまおう、といった地権者が多い

駅前から立地条件が良く、再開発を前提として更地にしてしまうことも珍しくありませんが、なかなかそうした話が進みにくい場合、逆にそのまま貸してしまうと比較的栄えている場合が多いようです。

2)土地が売れにくいことから、安く貸してしまう

再開発が期待できない場合、土地が売れにくいため空けておくなら借り手がつく金額で貸してしまおう、といった場合には、若者が新規開業を行う際の受け皿になりやすく、地域の活性化に結びつく場合も少なくありません。

3)「よそ者」「若者」を受け入れる土壌がある

受止め方が違いますが、地元だけではなく他の出身者や、若者を比較的寛大で受け入れる土壌がある場合は、にぎわいが生まれやすい傾向にあります。

4)品揃えが難しくなり、外から若い店長を呼んで対応する

例えばファッション用品店の場合、店主が高齢化してニーズに対応することが難しくなった場合、外から若い店長を呼んで店舗を改装したり、品揃えを変えて対応する、などオーナーと店長を分け、外の血を入れた活性化を図っている場合、にぎわいを取り戻すことも珍しくありません。

5)オーナーが業態変更をいとわない。

例えば金物屋を営み、郊外のホームセンターに質・量ともに太刀打ちできない場合、限られたスペースで大量に展示できる靴店や衣料品などに商売替えするなど、柔軟な対応をしていると活気があるようです。


 

 



 

当サイトのご利用について | 個人情報の取扱いと管理について | お問合せ